MEMBER

愛知大学 地域政策学部 教授
三遠南信地域連携研究センター長
戸田 敏行

都市計画や国土計画から越境を考えてきました。
コロナ禍で境界が高くなる時だからこそ、越境する思想、行動、事業を、ささしまから発信してゆきたいと思います。
愛知大学の学生諸君、卒業生の皆さん、企業、行政、市民団体の方々の参加をお待ちしています。語り合いましょう

愛知大学 地域政策学部 准教授飯塚 隆藤

私はGIS(地理情報システム)を使って、地域の過去・現在・未来を考えています。地図は地域と地域、人と人をつなぐコミュニケーションツールです。明日幸せに暮らせるように、アシタシアに参加してみませんか?

愛知大学 法学部 教授入江 容子

担当科目は地方自治論、公共政策論で、主な研究関心は自治体組織の編成や管理の問題です。地域課題を解決するには行政だけではなく、地域住民、大学、企業、NPOなど多様なアクターによる協働が求められています。最初の一歩をここから私たちと一緒に始めてみませんか。

愛知大学 経済学部 教授打田 委千弘

私は、経済社会の様々な場面について、経済学的な理論仮説を用いて統計的に検証を行う研究活動を行っています。特に、沖縄や愛知で中小企業や地場産業の事業承継(後継ぎ問題)や家族関係に焦点をあて分析を進めています。

愛知大学 経営学部 教授太田 幸治

私の専攻は、流通論、そしてマーケティングです。とりわけ企業の製品開発に注目して研究を進めています。製品開発はものづくりではなく、価値や意味を作ることです。アシタシアも新しい価値や意味をつくる場。みなさんと一緒に、明日に向かって新しい価値や意味を作っていきたいと思います。

愛知大学 現代中国学部 准教授加治 宏基

私は、中国をめぐる国際関係、特に中国の国連外交を専門に研究しています。
外交は内政と表裏一体のもので、いまや多様なアクターが担っています。
グローバル化が深化する私たちの地域のダイナミズムを考え、そして実践していきます。

愛知大学 地域政策学部 教授鈴木 臣

地球科学(大気と宇宙のつながり)を研究してきました。全く関係のない専門のように感じるかもしれませんが、新しい社会の創造には様々なバックグラウンドを持った人の協力が求められます。面白いことが起こる触媒となるため参加しています。

愛知大学 経済学部 教授辻 隆司

主な研究テーマは、社会資本、土地・不動産、歴史文化資産等の経済分析です。近年においては、地域住民の主観的幸福度やソーシャルキャピタル(社会関係資本)に関する研究も進めています。多様な観点から地域経済の実態や構造を明らかにし、今後のあり方について考察しています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
政策研究事業本部 地区本部副本部長(名古屋本部)
永柳 宏

アドバイザーの役割をいただきアシタシアに参加しています。これまでの地域連携、まちづくり、大学運営の経験を活かして、大学を拠点とするエリアマネジメントの将来像を考えていきます。

三遠南信地域連携研究センター 研究助教
内山 志保

学士で人間科学、修士で芸術工学という異なる分野を専攻した、文系出身の建築士です。愛知大学名古屋校舎のすぐ南にある中川運河を活動の場にしてきました。建築も都市も人間を中心に考えています。自分の境を発見し、そして越えましょう。